Skip to content

龍泉洞観光ついでに岩泉町内散策

岩手県岩泉町にある龍泉洞は、岩手県を観光する際に足を運んだ事がある人も多いのではないでしょうか。
今回は、龍泉洞観光をしながら岩泉町内を散策したのでご紹介します。

龍泉洞


岩泉町内をご紹介する前に、龍泉洞について簡単に説明します。
龍泉洞は日本三大鍾乳洞で、洞内総延長は知られている所で3.6kmほどあるそうです。私たちが見学できるのは、そのうち700mほどで3つの地底湖を眺めることができます。
また、現在でも調査が進められていて総延長は更に長くなるのではと考えられています。

龍泉洞

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1

岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1

そんな龍泉洞がある岩泉町を散策!


龍泉洞の観光に来たら、ついでに岩泉町内を散策してみるのも面白いかもしれません。今回は、町歩きマップを参考に散策してみたのでご紹介します。

岩泉町内の「うれいら商店街」

うれいら商店街には、古くからある建物や老舗酒屋などが軒を連ねています。商店街の駐車場に車を止めて、旅の休憩に立ち寄ってみるのもオススメです。

私が足を運んだ日はお休みでしたが、岩泉の老舗泉金酒造さんでは龍泉洞の水を使用したお酒を醸造しています。また、酒蔵見学も行っているのでお酒が好きな方は見学してみてはいかがでしょうか。

泉金酒造株式会社

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字太田30番地

岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字太田30番地


泉金酒造さんの近くには、レトロな外観のお店があります。こちらは雑貨屋さんとパン・お茶屋さんが入った建物。雑貨屋さんは「横屋手しごとや」と言うそうで、岩泉とその周辺で活動する作家さんの作品を販売しています。

中庭から撮影したお店はとってもレトロです。店内には、作家さんの素敵な作品がたくさんあり記念に購入するのもいいかもしれないですね。

また、手しとごやさんの敷地内には「てどの蔵」という山里の生活文化を体験できる場所もあります。

てどの蔵/横屋手しごとや

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉村木74

岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉村木74


商店街を歩いていると、一角に佇む歴史のありそうなお屋敷がありました。現在も人が住んでいるとのことで非公開なんだそう。上手く撮れば絵になる一枚が撮れそう?な建物です。

歩き回ってお腹が減ったら、カフェカンティーナでちょっと休憩するのもオススメです。蔵を改装したオシャレなお店で、店内にはカフェスペースだけでなく、雑貨なども販売されています。

私はガレットとコーヒーを注文。野菜多めでとっても美味しかったですよ。

カフェ カンティーナ

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉村木74

岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉村木74

車移動なら立ち寄る?道の駅

車移動するなら、立ち寄るかもしれない道の駅。岩泉町には、盛岡方面と、宮古・久慈方面の2箇所に道の駅があります。

宮古市・久慈市方面から岩泉町に向かう道路沿いにある「道の駅 いわいずみ」。龍泉洞の水で入れたコーヒーや、龍泉洞黒豚のメンチカツなどご当地グルメを食べる事ができますよ。また、お土産や産直の商品も品揃えが豊富なのでお土産を買いに立ち寄るのもオススメです。

道の駅 いわいずみ

住所:岩手県 下閉伊郡岩泉町乙茂字乙茂90-1

岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字乙茂90-1


もう一つの道の駅は盛岡方面の道路沿いにあります。「道の駅 三田貝分校」は文字通り、分校跡地を利用した道の駅です。食事は、学校で使われていた椅子と机を利用した給食室で食べることができます。少し変わった道の駅でノスタルジックな時間を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

道の駅 三田貝分校

住所:岩手県 下閉伊郡岩泉町乙茂字乙茂90-1

岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字乙茂90-1

ふれあいランドで遊ぶ?泊まる?

道の駅 いわいずみと川を挟んで対岸にある、「ふれあいらんど岩泉」は屋外遊具やオートキャンプ場、コテージなどがある施設です。

屋外遊具は無料で利用することができるので、気軽に訪れることができますよ。晴れていれば、こちらでのんびりとした時間を過ごすことができそうです。

また、施設内には「ブルートレイン日本海」もあります。こちらは、宿泊することもできます。動かないけれど、寝台列車に泊まって旅のひと時を過ごすのも楽しい時間になるかもしれません。この他にも、コテージやオートキャンプ場などもあるので、滞在スタイルに合わせて宿泊先を選んでみるのもいいかもしれません。

ふれあいランド岩泉

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字大向

岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字大向

Comments are closed.