Skip to content

三沢航空科学館を見学

青森県三沢市にある、三沢航空科学館を見学しました。
ここは航空機と科学を学べ、三沢と縁のある航空機を展示している科学館です。
大人も子供も楽しめる三沢航空科学館について紹介します。


三沢空港の隣に位置する場所にある三沢航空科学館は、航空機と科学を学ぶことが出来る場所です。
また、近くの三沢空港から飛び立つ航空機を眺めることもできますよ。


館内に入ると、ミス・ビードル号がお出迎えしてくれます。
ミス・ビードル号は、日米間無着陸飛行に初めて成功した飛行機なんだそうです。この機体に関する資料も展示してあるので、興味のある方はじっくり眺めてみるのも楽しいかもれないです。


この他にも、YS-11や航研機など様々な飛行機が展示してあります。一部は、機内中を見ることができますし、エンジンも間近で見ることができます。
飛行機の部品も展示してあるので、興味のある方はじっくり見てみるのもいいかもしれません。
(個人的には、エンジンの展示が眺めていて楽しいです^^)


また、別料金がかかりますが、ゼロ戦や、十和田湖に69年前に沈んだ旧陸軍の「一式双発高等練習機」を間近で見ることができます。
歴史を垣間見ることができる貴重な機会かもしれませんが、訪れた際にはぜひ見学してみてください。
なお、開催期間が決まっているので見学する際はご注意ください。


この他にも、科学を体験できるブースがあります。
様々な実験を体験できるので、大人より子供の方が楽しいかも?しれないです。
フライトシュミレーターとか、パイロットのスキルに関する体験展示もあるので、結構楽しめます。
また、ワークショップもあるので親子で参加して見るのもいいかもしれませんよ。


ちなみに、屋外の広場には航空機が展示されています。
こちらの広場は、入場料がかからないので気軽に立ち寄ることができます。
近くを訪れたら立ち寄って見るのもいいかもしれません。

三沢航空科学館

住所:青森県三沢市大字三沢字北山158
HP:三沢航空科学館

青森県三沢市大字三沢字北山158

Comments are closed.