n tabi map

日本国内の私的旅マップ

2019/07/09

奈良市内を街歩きする際に訪れたいオススメスポット

奈良観光スポット神社仏閣

東大寺や春日大社と言った有名スポットなどがある奈良市は、昔ながらの街並みが残る歴史深い場所です。そんな奈良市には、寺院や庭園など見所がたくさんありますよ。今回は、奈良市内を街歩きする際に訪れたい、オススメスポットをご紹介します。

奈良市って?

奈良駅

奈良県の県庁所在地でもある奈良市は、その昔平城京として栄えた有名な寺院などがある深い歴史を秘めている場所です。東大寺の大仏殿には「奈良の大仏」として知られ、高さ15mの大仏が安置されています。また、東大寺の東側には768年創建の春日大社が鎮座しています。これらの周辺には奈良公園があり多くの鹿が自由に歩いていることから、観光スポットとしても有名です。

奈良市内を街歩きしてみよう!

奈良市内には様々な観光スポットがありますよ。市内循環バスを使ったり、街歩きをしてお店をみて回りながら観光するのもいいかもしれませんね。ここからは、奈良市内を街歩きする際にオススメなスポットをご紹介します。

1.「奈良の大仏」を拝みに行ってみよう!

東大寺

奈良に来たら外せないスポット「東大寺」!まずは、東大寺で「奈良の大仏」を拝みに行ってみてはいかがでしょうか?1200年以上の歴史を持つ東大寺は、奈良時代から続く奈良の大仏があることで有名な場所です。周辺には、宝物庫や寺院が点在しているので巡り歩くこともできますよ。

大仏殿

大仏

大仏のある大仏殿は過去に2度焼失し、再建されて来たそうです。現在でも、世界最大級の木造建築で内部からみるとその壮大さをうかがい知ることができますよ。大仏殿内部では虚空蔵菩薩坐像や如意輪観音坐像、広目天像、多聞天立像も安置されているので拝観することができます。

二月堂

境内

この他にも、趣のある境内を散策すると、二月堂や法華堂などさまざまなお堂を観ることができます。二月堂には、小観音と呼ばれる2体の十二面観音像が安置されているそうです。残念ながら秘仏なので見ることができませんが、参拝をしながらお堂からの景色を楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。

東大寺
住所:奈良市雑司町406-1
(大仏殿・法華堂・戒壇堂、東大寺ミュージアムそれぞれで入堂料がかかります。)

2.「春日大社」を散策してみよう!

春日大社

東大寺の東側にある春日大社は、原生林が残る参道をを歩いて参拝することができます。境内には、春日大社や春日山の原生林だけでなく、摂社・末社として61社が祀られています。参道には鹿もたくさんいるので、せんべいをあげたり写真を撮ったりするのもいいかもしれませんね。

夫婦大國社

紀伊神社

また、本殿から少し離れた場所には、夫婦の神様を祀った夫婦大國社や、財運を守る神様を祀った金龍神社などがあります。この場所は若宮十五社と呼ばれていて、お社めぐりをすることもできますよ。境内には様々なお社が祀られているので散策をしながら、お社巡りをしてみてはいかがでしょうか?

春日大社
住所:奈良市春日野町160
特別参拝:500円
※燈篭が並ぶ回廊を歩き、中門前などを参拝することができます。

参道の途中には植物園や茶屋も

万葉植物園

春日荷茶屋にて万葉粥

春日大社へ向かう参道の途中には、「萬葉植物園」と言う萬葉集に詠まれた植物を植栽する植物園や、甘味や食事を楽しむことができる「春日荷茶屋」があります。参拝前や後に立ち寄ってみるのもオススメです。植物園内は、混雑していないのでのんびりと散策を楽しむことができますよ。特に、藤が咲く時期には、様々な種類の藤の花を見ることができるのでオススメです。また、茶屋では万葉集にちなんだ旬の野菜が添えられた万葉粥をいただくこともできますよ。

萬葉植物園 / 春日荷茶屋
住所:奈良市雑司町406-1
萬葉植物園:大人/500円 子供/250円
春日荷茶屋:万葉粥/1,000円(税別)

3.「依水園」で美術品と庭園を楽しもう!

依水園 入り口

東大寺から徒歩10分ほどの場所にある「依水園」は、国の文化財にも指定されている名勝の庭園と、古代中国などの美術品を観ることができる場所です。

寧楽美術館

敷地内にある寧楽美術館では、古代中国の青銅器や拓本、古印などをはじめ、高麗・朝鮮王朝時代の陶磁器などを展示しています。定期的に展示品を入れ替えているそうなので、訪れた時期によって異なる収蔵物を見ることができます。

庭園 後園

庭園 後園 別アングル

依水園の庭園では、異なる時代の二種類の池泉回遊式庭園を見学することができます。庭園内に入ってまず目にするのは、「後園」と呼ばれる明治時代に茶の湯と詩歌の会を楽しむために作った池泉回遊式庭園です。小池と小高い山があり、とても贅沢な空間を見ることができます。お庭を眺めながら、別料金でお抹茶をいただくこともできるそうですよ。

庭園 前園

また、「前園」と呼ばれる江戸時代前期に作られたお庭も見ることができます。こちらでは、食事もできるのでお庭を鑑賞しながらお茶や甘味などを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

依水園
住所:奈良県奈良市水門町72−3
入園料:一般/900円 大学生/810円 中・高校生/500円 小学生 300円
※丁寧美術館の入館料を含みます

依水園の隣にある吉城園もオススメ

吉城園内にて

滞在時間に余裕がある方は、依水園の隣にある吉城園もオススメです。依水園ほど広くはありませんが、園内には池や茶室などがあり庭園を見学することができます。また、茶室の利用も可能なのでお茶会を開くこともできますよ。入園料も手頃なので、立ち寄ってみるのもオススメです。

吉城園
住所:奈良県奈良市水門町72−3
入園料:大人/250円 小人/120円

4.聖教最初の地「元興寺」で歴史を感じよう

元興寺

近鉄奈良駅から徒歩15分ほどの場所にある、「元興寺」は法興寺が平城遷都にともない移転された寺院です。聖教最初の地でもあり、本堂をはじめ現存する建物の一部は飛鳥時代からの物が現存している貴重な文化財でもあります。

本殿

境内では、鎌倉時代に建てられた本堂や、その昔、僧侶が起居し学習していた禅室などを見ることができます。また、元興寺の瓦には飛鳥時代の物も混ざっているそうで、屋根を眺めて歴史を感じることもできます。この他にも、元興寺の収蔵品や企画展などを見学することができます。タイミングが合えば、ボランティアガイドさんから色々な話を聞くこともできるので、興味のある方はぜひ、ガイドさんから詳しく話を聞いてみてくださいね。

元興寺
住所:奈良市中院町11番地
入園料:大人/500円 中・高校生/300円 小学生 100円
※丁寧美術館の入館料を含みます

5.歩き疲れたら街中で休憩

外観

歩き疲れたら、街中のカフェや飲食店で休憩してみてはいかがでしょうか?筆者は、ならまちにある「茶論」でお茶をしました。

中庭

季節の主菓子とお茶のセット

抹茶をはじめ、煎茶や玉露、ほうじ茶や、甘味をいただくことができます。筆者は、季節の主菓子とお茶のセットをいただきました。庭園を眺めながら、のんびりとした贅沢な時間をすごすことができますよ。

茶論
住所:奈良県奈良市元林院町31−1

奈良市内を散策して

奈良市内を散策する際のオススメスポットをご紹介しました。この他にも奈良市内にはたくさんの見所があります。歩いて巡ると大変なので、市内循環バスを活用するのがオススメします。移動も楽で、たくさん楽しむことができますよ。ぜひ、気になるスポットを見つけて足を運んでみてくださいね。

奈良市周辺の宿探しはこちら

今回訪れた場所

Other Posts

TOP